区星(オウセイ) 後漢末の混乱に乗じて、長沙で暴れまわった男 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区星(オウセイ) 後漢末の混乱に乗じて、長沙で暴れまわった男

顔グラはこちらから
http://baike.baidu.com/picview/879754/879754/0/1a94b36ea0eb14c981cb4ae7.html#albumindex=0&picindex=0

後漢末は荒れてますね!

黄巾党の乱だけでなく、様々な賊が群がり起こりました。
これは漢朝の腐敗、十常侍などの貪官汚吏がはびこり、天災や飢饉が発生しても人民を顧み

ないから起こったのです。

人民達は食うや食わずでしたし、「飯を喰わせてくれるカリスマ性をもった」奴だったら、

正直誰でもいい。そんな人間についていかざる負えない状況があったんでしょうね。


さて、区星。
コヤツは演義第2回で名前が出ただけで終了。
「区星という輩が賊徒1万を集めて長沙で反乱しているので、孫堅に討たせろ」

と、漢の霊帝がお命じになり、次の行で孫堅に平らげられていました。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/8-2d7882dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。