李粛 part2 舌は動くけど、どうも・・・魅力のない男 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李粛 part2 舌は動くけど、どうも・・・魅力のない男

前回のお話。

李粛 part1 董卓・呂布の配下 懇願・買収・圧力・脅迫・・・なんでもできるオールラウンダー!

李粛 



前回、呂布をたぶらかし、董卓におもねって生きてきたけど、肝心の両者が仲違いを始めたので、李粛も自分の進路を決める時が近づいてきました。


暴虐ぶりがマックス120%、ミスター200%以上になってきたので、王允も我慢がなりません。

王允は自分の幼女である貂蝉を使って、呂布と董卓の関係を潰し始めた…。


李粛を使って、董卓をおびき出そうとする呂布。


「むかし、貴公はそれがしを説いて丁建陽を殺し董卓のもとに投じさせたが(ねちっこいw)、いま、董卓は上は天子をなみし、下は万民を虐げて(中略)漢室中興のために働き、ともに忠臣となろうではないか。ご意見伺いたい!」


ご意見も何も・・・


これって一択じゃない^^;?


李粛は、


「それがしもかねたからあの逆賊を除こうと思いっていたのだが、心を同じくするもののないのを残念に思っていたところ。いま将軍がかくいわれるは、天の賜物、それがし二心なぞ持ちはせぬ!」



言い切った!(# ゚Д゚)




翌日・・・勅使となった李粛は数十騎を連れて董卓のもとへ。

「天子にはご不例このたびご快癒あらせられましたので、文武百官を未央殿に集めて、大師に御位を譲られんとの思し召し、それがし詔を受けて参ったものにございます」


「王允はどう考えておる」


「王司徒殿はすでに受禅台の建造をお命じになり、殿のおいでをお待ちにござります」


「わしは一匹の龍が(略)」


と、三国志にありがちな死亡フラグを一生懸命語る董卓。


が、途中で馬車の車輪が折れ、馬が手綱を切ったりと、テリーマンの靴紐が切れるくらい明らかな凶兆が起こってしまう。


しかし、我らが李粛閣下は、


「これ大師が漢の宝祚を受け、旧を棄てて新につき、まさに玉錬金案に乗られんことの兆しにございます!」


董卓悦ぶ。


さらに、突如狂風が吹き起こり、もうもうたる霧が天地を覆った。


「これ、吉兆は?」





吉兆 



とは、ならず・・・


「殿が御位に登らせたもう御時にてござれば、天、紅の日紫の霧をあらわし、ご威光をそなえたもうものにござります」


董卓喜ぶ。


子どもたちの歌う童謡が聞こえてきた。

『千里の草、何ぞ青々たる。十日の下(のち)、生くるを得ず』


哀調切々たるものであるにもかかわらず、


「これまた劉氏滅び、董氏の興るを歌ったものでございます」



全く良く回る舌だ!李粛!グッジョブ!



そして、止めは黒い道袍を着て、白い頭巾をかぶったおじいさん登場。その布には口が2つ書いてあった。(口2つで呂布の呂ということ)


「この道士は何者じゃ?」



さあ、どう答える!?李粛閣下!?



「狂人でござります♪」



もういちいちまともに理屈付けなくても、ここまでくりゃあ、適当に答えてもいいや的ないい加減な回答ですな。


王允らが、剣を持った儀仗兵を整列させていたので、訝しんだ董卓は、


「剣を持っているとは何事じゃ?」


李粛は何も答えず、とりあえず車を門の中に押し入れたw



あとは御存知の通り・・・董卓は呂布に殺されてしまいました。



董卓を殺ったからと言って、まだ終わらない。
大軍を擁している李カク、郭シ、張済、樊稠らが押し寄せてきた。


迎撃態勢をとる呂布!


「司徒どの、ご案じあるな!なんの奴らがごとき、物の数にもござらぬ!」


李粛を出張らせ、迎撃。

李粛は舌先三寸、あまり上手とは言えない世渡り術で生きてきましたが、今回は武力が問われるっ!


敵の先方は董卓の娘婿である牛輔!


大合戦の末、李粛が勝利!
牛輔ごときと大合戦・・・と聞くとどうやら「辛勝」っぽい気がしないでもないけど、とりあえず追っ払うことに成功。


しかし・・・これが彼の詰めの甘いところで、夜中に油断しちゃうんですな。


牛輔から夜襲を受けて敗北。


帰還した李粛。。。
彼の帰りを手ぐすね引いて待っていたのは、元弟分の呂布!


「貴様!われらの鋭気を挫くとは何事かっ!」


李粛、斬首!


哀れなり・・・だけど、輝いていたぜ・・・演義前半のダメ武将、李粛!


李粛に敬礼!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

李粛お疲れ様!
それにしても頭巾の老人は気になりますね、何かの伏線のような気もしますが。
作者も回収し切れなかったのですかね。
現代でも某少年漫画雑誌に風呂敷を広げたままうやむやにしてしまう漫画家がいますから、千年以上前に伏線未回収があるのもしょうがない事ですね。

2013-08-17 20:27 | from

Re: タイトルなし

頭巾の老人やら、頭巾をかぶる犬だの、古典の頃の中国は輝いていましたな!

回収しきれない伏線w
ハマってしまい、笑っちゃいましたよ!

打ち切り漫画の伏線ですね・・・この老人ちょっと覚えておきます。読み進めていったら、また出てくるかもw

2013-08-17 22:01 | from 諸葛菜

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/53-378db8fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。