孫静 孫堅の弟 孫家のブレーキ役で孫策を支えた漢 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫静 孫堅の弟 孫家のブレーキ役で孫策を支えた漢

孫静2


孫静
このビジュアル…趙雲並の扱いだぜっ!( ゚д゚)


「近頃、董卓権を専らにし、天子惰弱におわせられるため、海内千々に乱れて群雄各地に覇を唱えております。江東の地はようやく小康を得ておりますのに、僅かな怨恨を元に再度の兵をおこすは如何とぞんじられます。よくよくのご考慮を願い上げます」


これは、孫堅が劉表を倒そうと挙兵する前のシーンです。

この後、孫堅は孫策とともに兵を挙げて劉表を攻めましたが、落石により死亡してしまいます。


孫堅の死後は孫策を守って、袁術の元に身を寄せました。


孫策が成人し、厳白虎、劉ヨウ、王朗を打ち倒しましたが、その時にもブレインとして活躍しました。


孫策軍は会稽城に篭っている王朗軍と戦いますが、なかなか落城させられません。そこで、孫静より提案。


「王朗がこの堅城によっている上は、早急には落とすことかなわぬ。会稽の軍用金や兵糧はほとんど査涜にたくわえてある。ここから数十里のところじゃから、まずはそこをとるがよかろう。その備えなきを攻め、その不意に出ずると申すはこのことじゃ」


「叔父上っ!真に妙計でござるっ!」


と、孫策も大喜び。


この人がよく言う「うむ、それは妙計っ!」とは違います。


はやる甥っ子にナイスアドバイスをするUncle孫静。
「じゃ」言葉になって、長老的な雰囲気も出ていてよいですね^_^


孫策は見事に王朗軍を撃破。


会稽城は孫静が守備することになりました。


演義での活躍は以上。



横山光輝三国志にも登場していて、いいおじさんだな~と、思っていましたが、彼の子孫たちが暴れまわるんですよね。呉の末期に…。


曾孫の孫峻孫ちん…いずれも凶暴です。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/49-84a81cee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。