夏侯恩 吉川英治の三国志では猛将夏侯惇の弟として登場した出落ち武将 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏侯恩 吉川英治の三国志では猛将夏侯惇の弟として登場した出落ち武将

夏侯恩 
画像を見ると、押せ押せな感じw
かっこいいじゃねえかっ!( ゚д゚)


この人のことはよくわからないけれど、とりあえず曹操一族、夏侯一族の一員としておきましょうか。


この武将、長坂坡で趙雲に殺されたことと、曹操から青紅の剣を預かっていたことでかなり有名です。

出落ちのクセにね。


三国志演義、吉川三国志、横山三国志でも夏侯恩がやられる場面をしっかりと描写しています。

単なる刀持ちだったかもしれませんが、所持していたのが名剣青紅の剣であったため、趙雲に斬られた。


ただのなまくらソードだったら斬られていなかったかもしれないですね。


別に曹操を特別守ろうとしたわけでもなく、突発的な事故に巻き込まれて、何となくこのキャラには同情してしまいます。

アーケードゲームの「天地を喰らう2」にも登場。
倒すと青紅の剣をもらえます。



出落ちの鏡。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/44-59f3467c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。