祖茂 三国志ファンならお馴染みの孫堅の身代わりとなった漢 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖茂 三国志ファンならお馴染みの孫堅の身代わりとなった漢

皆さんご存知の祖茂です。

somo.jpg
敵の刃が後頭部に迫るっ!



演義での登場回は第5回。

袁紹らは反董卓連合軍を結成し、董卓の武将華雄と激突。

反董卓連合軍は孫堅を先鋒にして、華雄軍を圧倒しましたが、後方からの兵糧が届かず、孫堅軍は飢えに苦しみました。

華雄軍の李粛が孫堅の陣に夜襲をかけ、孫堅らはほうほうのていで逃げ出す。


祖茂は孫堅の赤い頭巾が敵の目を引いているのを見て、


「殿、その赤の頭巾が目立ち、賊の目印になりますぞ。それがしにお貸しくだされい」


祖茂は孫堅の頭巾をかぶり、華雄の注意を引き付ける。
人家の焼け残った柱に頭巾をかぶせ、祖茂は草むらに隠れ、華雄を待ち受けた。


華雄が近づくのを待ち、日本の刀を揮って、斬りかかった!


やめとけ!祖茂!


絶対に殺られ・・・!( ゚д゚)


華雄は大声一喝、祖茂を一刀の元に斬り捨てた…。

隠れていればなあ・・・。




でも、これは演義でのお話。
頭巾を柱にかぶせて、華雄たちが引き上げるのを、草の茂みに隠れて待っていました^_^;


この方が現実的だ・・・。


コーエーの三国志にも登場。
結構好きなキャラなんですよね!

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/43-053fbbe1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。