胡軫 呂布と仲が悪い 三国志演義では華雄将軍の部下として戦死 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡軫 呂布と仲が悪い 三国志演義では華雄将軍の部下として戦死

胡軫2
どんなゲームかも・・・戦闘力は高いか低いかわからないけど、10393!
落とすアイテムはクリスタル?ってことはやられ雑魚キャラか。

胡軫
普通英雄w普通に英雄です。
どうやら二刀流のようです。胡軫は意外と有名かw?



三国志演義前半での見せ場である董卓軍との戦い。

初戦で自軍(董卓軍)の士気を挫いてしまった胡軫将軍です。



反董卓連合軍の先陣をきったのは、長沙の狂犬孫堅文台!

※孫堅に一番手柄を取られてなることかと、抜け駆けの功名に走った鮑忠が、華雄に斬られたことはさておく。


華雄軍が孫堅軍を迎撃。
華雄軍の副将として、胡軫が先鋒としてぶつかりました。


(三国志演義より抜粋)
華雄の副将胡軫が兵5000を率いて関門より討って出れば、程普馬を飛ばせ矛をしごいて胡軫についてかかり、数合と打ち合わず胡軫の喉を突き通して蹄の下に殺した。


終了。


このとおり、三国志演義では完全に出落ち武将。



ですが、本来ですと戦死はしていないです。
孫堅と対決した時、呂布とともに出陣。
胡軫は、出兵の際青い帯(位の高い官人が身に付ける帯、生贄に位の高い人物を斬ったのかもしれない)を切り、軍の規律を整えた。
呂布はこのことを不服とし、常に胡軫と対立していたそうです。


董卓が王允の謀事により謀殺された後、胡軫は王允にくだりましたが、徐栄が李カクと戦って戦死したからはすぐに李カクに降参しました。


なので、いつ死んだかはわかりません(汗)。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/40-fbd5b447

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。