橋瑁(喬瑁) 反董卓連合のモブ君主 劉岱なんかに兵糧はやらねえぜっ! - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋瑁(喬瑁) 反董卓連合のモブ君主 劉岱なんかに兵糧はやらねえぜっ!

橋瑁
剣の峰にはピアス。
見よっ!橋瑁の勇姿をっ!

三国志演義第5回。
陳宮の助けを得て、董卓の魔の手から辛くも逃れた曹操。

彼は四方の群雄へ檄文を送り、董卓を討とうと呼びかけた…。


雲霞のごとく軍勢が集まり、

『第7鎮 東郡の太守橋瑁』

と、堂々と書かれています。


でも、檄文を実際に書いたのは橋瑁閣下です。
三公の文書として偽り、四方の太守に檄文を送ったのです。



橋瑁太守、戦での活躍
袁紹に命じられ、虎牢関目指して突撃。
呂布に蹴散らされた友軍の王匡を救援(たまたまかち合っただけ)。

突然の橋瑁軍の出現に呂布軍は退却。


万夫不当の呂布相手に、多勢に無勢とはいえよく追い返した!

劉備・関羽・張飛が呂布を追い返したのが、三国志演義では有名だけど、橋瑁も追い返してたんですね~。


橋瑁の最後
そんな猛将?橋瑁の最後はどうなったのでしょう?
宿敵に呂布に殺されたのか?


三国志演義第6回。
エン州の太守劉岱は東郡の太守橋瑁に兵糧の借用を申し込んだが、橋瑁が言を左右にして応じなかったので手勢を率いて橋瑁の陣へ斬り込み、橋瑁を殺した上でその手勢を尽く配下に収めた。(抜粋)



最後は味方に殺されたー!?

まるで共食いですな。

腹の空かした友軍ほど恐ろしいものはない。

まあ、この頃は反董卓連合軍の諸侯もお互いに疑心暗鬼で解散寸前でしたから、昨日の友は今日の敵ですな^_^;
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/37-7b283e82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。