鄧茂(トウモ) 黄巾賊程遠志頭目の副将 序盤の斬られ役を飾った - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鄧茂(トウモ) 黄巾賊程遠志頭目の副将 序盤の斬られ役を飾った

黄巾賊の大将のひとり程遠志の副将。

トウ茂


三国志演義第1話で程遠志とともに暴れまわっていた。

義兄弟の杯を交わしたばかりのテンションバリ高の劉備三兄弟に闘いを挑んだ男。

義勇軍500に対して、黄巾賊は50000。
圧倒的な数字なので、兵士にかからせればいいものを、小勢の義勇軍と侮り、自ら身を乗り出したのがまずかった。

相手は張飛。

張飛の蛇矛を躱すことが出来ず、一瞬にして討ち取られた。


士気を大いに挫いたので、この男の罪は重い…。

でも、程遠志同様、トウ茂さんは架空武将なんですよね^^;

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/3-e2b3b38a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。