蹇碩 中常侍(十常侍)の一人 仲間の十常侍に売られて犠牲となった宦官 - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹇碩 中常侍(十常侍)の一人 仲間の十常侍に売られて犠牲となった宦官

蹇碩
蹇碩2 


蹇碩。
十常侍の一人。


もちろん宦官なのですが・・・宦官のくせに体が丈夫で体格も良かったそうです。
霊帝のお気に入りで、外見が強そうなため近衛の軍勢を率いるなど、宦官らしくないところもあった。


そんな蹇碩の活躍を三国志演義で見てみましょう~!


登場回は第2回。

霊帝は息子の協皇子を気に入っていたので、彼を次の皇帝にしようとしていた。
それを察した蹇碩は霊帝の生母である董太后に、


「もし、協皇子をお立てになる御心にわたらせられますなら、まず何進を誅して禍根を絶っておかれますよう」

と申し上げた。


霊帝のもう一人の皇后でもある何太后は何進の姉。
何太后の息子は辯と言います。


この案に親爺である霊帝はGOサイン。
皇族の後継争いは恐ろしいですな。
自分の子でも将来の禍根になると思ったらすぐに刈り取りに掛かります。


蹇碩の案を知った潘隠はすぐに何進に報告。

まもなく、霊帝が崩御し、董太后らは協皇子を次の皇帝にしようとした。


何進は大いに怒り、袁紹、曹操らと兵士5000を率いて宮中に殺到。
霊帝の棺の前で何太后の子辯を擁立して皇帝の御位につけた。


袁紹は何進を亡き者にしようと図った十常侍どもを片付けようと、宦官のいる禁裡に飛び込んだ。


蹇碩は慌てふためき、庭園逃げ込んだ。
そこにいたのは味方の十常侍郭勝。
郭勝は有無を言わさず、いきなり蹇碩を斬り捨てた!!


十常侍らは自分たちの命が可愛いため、「何進らを亡き者にしようとしたのは、蹇碩一人の考え」だと言いはり、蹇碩を殺害したんですね・・・。


トカゲの尻尾切りもいいとこ^_^;。



何太后は宦官をかわいがっていたので、何進に他の十常侍たちを許すよう説得。


蹇碩を棄てたお陰で、当面命拾いができました。。。


そういえば、曹操が小役人の頃、蹇碩の叔父を棒でボコってるんですよね^_^;
蹇碩の叔父が禁令を犯して夜間外出したのが理由だそうです。



いいね!をよろしくっ!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/29-f188ff11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。