趙弘 孫仲 韓忠 張角の死後、敵討ちに燃えた熱き黄巾の賊! - 三国志演義前半戦!雑魚モブ武将を拾い読み!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趙弘 孫仲 韓忠 張角の死後、敵討ちに燃えた熱き黄巾の賊!

張角オーラ
オーラ開放!!!

「張角さまあー!( ゚д゚)」

大賢良師張角が官軍に討たれ死亡。

この仇を討つべく、趙弘、孫仲、韓忠の賊将たちが立ち上がった!


相手は詔を受けて出動した朱儁、それに随行していた劉備三兄弟です。

先鋒の劉備三兄弟が西南方角から攻めてきたので、韓忠が出馬して食い止めます。
もうこの時点で死亡フラグがぶっ立っていますが、最後までお付き合いください。

その間、朱儁の本隊は東北から攻め城門を攻撃。
韓忠は慌てて引き返しましたが、劉備三兄弟に追撃を受け挟み撃ちに遭い散々に打ち負かされました。

朱儁軍に城を包囲され、食糧も尽きかけてきたので、韓忠は降伏の使者を朱儁へやりました。
しかし、朱儁に一蹴されてしまいました。


韓忠
韓忠さん

韓忠の最期
絶望に打ちひしがれる賊軍、その時、包囲網の一角である東南側がガラ空きになりました。
3人は決死の逃避行をしましたが、当然これは劉備たちの計略。伏勢が待っていました。

韓忠は射殺されてしまいました。



趙弘
趙弘さん

趙弘の最期
趙弘は孫仲は味方を集めて総攻撃に移り、朱儁の軍を一度は追い返し、この勢いを持って宛城を奪還。

その時、忽然と官軍が現れた…


孫堅文台!!( ゚д゚)!


故郷から兵士1500人を連れて黄巾賊退治に来ていたのです!

終わったな…賊将共…。


韓忠がやられ士気が落ちているこの状況。
敵方には朱儁、劉備、関羽、張飛、さらに孫堅まで加わりました。


朱儁はともかく、10年後、『劉備三兄弟、孫堅の軍隊と同時に戦え』と言われたら、大抵の武将なら泣きます(TдT)。あ、でも、孫堅はそれまでに死んじゃうけど…。


でも、この時は180年代。
孫堅は、江南では多少名前が知れているけれども全国レベルの知名度ではありません。
まして、劉備三兄弟はまだまだ草莽の士。

賊将の彼らは数を頼みにしているので、「こんな奴らに負けるはずはない」とでも思っていたはずです。

官軍は宛城を包囲し、城攻めを開始。
趙弘、矛を持って孫堅と一騎打ちをしましたが、馬から突き落とされて死亡。



孫仲
痛がる趙弘さん

孫仲の最期
趙弘軍は壊滅。
それを見た孫仲は戦いを諦め、逃亡を図りましたが、劉備に射殺されてしまいました。


趙弘は多くの人に押されて黄巾の将となったそうです。
中でも兵法を心得ており、謀略をめぐらし、用兵も可能、将としての才能はあったと言われています。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanguoyanyi.blog.fc2.com/tb.php/11-a26b9979

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。